世界を変える前に自分を変える。

感じたこと気になったモノやコトについて、個人の見解で書いていきます。

『note』というサービスがすごいらしい。

 

f:id:compile3:20160207151207p:plainnote ――つくる、つながる、とどける。

 

文章、写真、イラスト、音楽、映像などを手軽に投稿できるクリエイターと読者をつなぐサービスです。

 

どんなサービスなのか

ブログみたいな感覚でもできるし、SNSのように気軽な投稿だってできるし、有料の記事を作ることもできるみたいで、価格は100円~10000円で設定可能。どういう感覚で有料記事にできるかというとつまり...

 

 

【これより続きを読むには購入してください】

 

大体こんな感じです。

[追記しました]

「なんだよー、感じ悪いじゃないか。引っ張っておいて重要な情報は金払えってか?」

とか思われそうなので、私の中のnoteの良さを説明したいと思います。

noteはいわゆるブログとはやっぱり違っていて、ある記事や、そのまとまり(マガジンと呼ばれる)に値段をつけることが出来ます。情報通による隠れ家的居酒屋を紹介するようなものであったり(情報)、プロフォトグラファーの撮影した日本人が気付けない美しい街並み(写真)、フリーで活動中で今話題のアーティストによる新曲(音楽)などのように特別な価値観を持ったコンテンツを作ることも出来るということです。クリエイターの人はその中でコレは無料、こっちはファンの人限定です!ってこともできますし、全ての記事に対して「サポート」と呼ばれるカタチでお布施を渡すこともできるそうです。

つまりは「有料」という考え方ではなく、「お金を払ってでも見たい」「その人のファンだから」「少しでもその活動の力になるのであれば」といったようにそのコンテンツの内容や未来を求めている人にとってはありがたいクリエイターとファンのWin-Winなサービスとなっているのです。すごい...

今このサービスがネット界隈では話題となっていて、一月15万円以上稼いでいる人がいたり、100万稼いでいるひとがいたりと、とにかくまぁすごい。この感覚はなんだかLINEスタンプのブームと似ているような気もしなくはない。いやいや、LINEスタンプはせいぜい100円程度だし、使用頻度だって高いから全く別物でしょ!と思うかもしれませんが、割と近いのかもしれません。私は過去にLINEのスタンプを作ったことがあります。

store.line.me

このスタンプは記念受験的な感覚で世に送り出したもので、どれだけ売れるものなのかという興味から生まれました。結果として売上はほぼ無いようなものでした。でしたと言っているのには理由があるからです。リリースして知り合いに宣伝したりバラまいている間しか売上が無かったからです。1個2個とかそういう話ではなく、0です。売れないだろうとは思っていましたが、実際に本当に売れないと悲しいものですね...(笑)ーそんなことはさておき何が言いたいのかというとつまり、無名な(知られていない)人のものは売れないということです。

きっとみなさんの中でもこんなことを思ったことがあると思います。

 

「こんなの自分だって作れるし...」

 

そうです、きっとあなたでもほぼおなじものを作れるハズです。しかし、同じことを名高いクリエイターがやるのと、無名の私がつくるのではワケが違います。そのワケとはスキルではなくファンがどれだけいるか、話題になるのかだと思います。

ファンの方々は、その人が作ったという事自体がファンにとっては嬉しくもあり、自分の好きなものだから当然買うわけです。一方私が作ったスタンプは、”私”という誰だかよくわからない赤の他人であり、スタンプ戦国時代では多くのスタンプが新着に並ぶ中あっという間にスタンプショップの奥のほうへ消えていきました。ファンもいないので当然ランキングにも入りません。

無名な私のスタンプが今よりもはるかに話題になる、売れるという可能性があったのはおそらくクリエイターズスタンプのリリース直後だったでしょう。私はその当時存在に気付いていましたが、なんとまぁ恥ずかしいことにスルーしてしまいました。残念...

つまり、私みたいに後悔しないためには流行る前に手を付けろということです!

 

このnoteというサービスは今年度リリースされたものではありませんが、今まさに流行ろうとしています。流行ってるのならばもう遅くない?と思った方、正解です。いやしかし、一部で盛り上がろうとしている今だからこそ、ギリまだ間に合う気はします。だから興味のある方はぜひやったほうがいいです!やれ!いそげ!

どういう人に向いているのか

イラストレーターさんとか、コラム系の人、写真家、ブロガー...うーん割とどんな人でも向いていると思います。記事の中では人気ないとダメとか言ってますが、そんな人気うんぬん気にするよりも活動しなければ知ってもらえないわけなのでとにかくブログやSNSとかに興味がある人はやってみたらいいと思います。私もやろうかな。

 

最初のうちは金儲け!とかファンなんていない...とかそういう考えを無くして地道にコツコツやり続けると良いかと思います。

 

 

というか、最近自分に言い聞かせてることがあるのですが...

「ぐちぐち言う前にさっさとやれ」

ほんとコレに尽きる。

 

 

Q.えー、じゃあなんではてなブログなんて始めたの?バカなの?

A.お...おおお、俺は金を稼ぐためにブログやるわけじゃないから!(震え声)