世界を変える前に自分を変える。

感じたこと気になったモノやコトについて、個人の見解で書いていきます。

Appleが変える、あたりまえ

突然ですが、年の初めの頃にiPhone5SをiPhone6Sに機種変更しました。私は常に『S』のついたiPhoneを3GSの頃から世代が変わる度に買い換えてきました。ネットやSNSの情報を見ていると、”Sがその製品の完成品”ということがよく言われていました。その言葉が頭にずーっと残っていて、いわれてみれば確かに毎回Sがついたモデルの方が良いモデルだと思います。性能のことはそれで良いのですが、4Sから5Sに変わった時はなんだか縦に伸びて上まで指が届かないんじゃないかと不安でした。

そして今回6Sとなったわけですが、同じくサイズについて気になりました。サイズに不満なんてなかったし、むしろ持ちやすくて軽くて丁度良いとさえ思っていましたが、いざ機種を変えて使ってみると何も問題なく使えるし画面が大きくなってアプリだって見やすくなった気もする。iPodとして運用しようとiPhone5Sを再び手に取り電源を入れると、そこには画面にギュウギュウに詰められたアイコンが並んでいました。なんということでしょう...少し前まで5Sのサイズを気に入っていたのにも関わらず、ものの1週間立たずして5Sが小さいと感じたのです...。ケータイはこれくらいのサイズが丁度良いのかも...?(聞くところ、女性の方は手が小さいのでiPhone4ぐらいがコンパクトで持ちやすいみたいです)

話は少し変わりますが、iPhoneが初めて登場した時は多くの人がiPhoneを欲しいと思いませんでした。既に出回っている携帯電話と比べてカメラの画素数も少ないし、着うたもない、ワンセグもない、お財布ケータイ機能もない、おまけにタッチパネルで見慣れたボタンなんかありゃしない。っていうかiPodは既にみんな持っているから同じものはいらない!とかよく言われていました。

そんなiPhoneが登場してから携帯電話の常識が変わりました。

f:id:compile3:20160208223909p:plain

参照元http://www.fremtidensbusiness.dk/#facts

端末に対して画面いっぱいの携帯電話にガラッと変わりました。Appleは携帯電話のこれまでの常識を変えてしまったのです。以降同じような姿形をしたものが続いていますが、再びガラッと変わる時代は来るのでしょうか。ワクワク

 

次なるiPhone7(?)は、「イヤフォンジャックを廃止する」という話があります。これは音楽を聴くこと、すなわちiPodを否定するようにも思いますが、一体どういうことなのでしょうか。

出回っている情報が定かではありませんが、AppleBluetoothで接続する方向にシフトしようとしているようです。

Bluetoothってケーブルを繋がなくても機器が繋がるとても便利なヤツなんです。ただ、私はBluetoothで接続するものはひとつも持っていません。スマートフォンタブレットなどにも標準で備わっていますが、Bluetoothを常にONにしているとバッテリーだってすぐ無くなりそうだし、昔使っていた無線のヘッドフォンはノイズや音が途切れたりと散々だったし、もっと言えばイヤフォンやヘッドフォンのケーブル自体がなんかオシャレに見えないこともないし...とかなんとか言ってBluetoothの製品を欲しがったことはありません。

Bluetoothを使って音楽を聞いている人は少数だと思いますが、これまでのことを振り返ればそれがスタンダードになる時代が来るのではないのではないでしょうか。そして普及すると何が起こるのか。おそらくBluetoothに対応したハードウェアは増え、普及することによって価格も下がるかもしれません。どこでもインターネットに接続しているように誰もがBluetoothを使って離れていても機器に接続できるそんなことが当たり前の時代が来るかもしれませんね。

 

 

世の中の当たり前を変えちゃうのってほんと凄いと思う。私もいつしか... 

 

 

そういえばApple Watchはどうなっているのだろうか。