考える前にやる。

言うのは簡単だけど、やるのは難しいんです。

やってみて初めてわかること

今年に入ってからデザインだったりプログラミングだったりの勉強会やイベントに参加するようになり、「アウトプットは大事」と常々思っていたのですが全くやれていなかったのでとりあえず書くように習慣づけようと思い今回この記事を書きました。

文章を書くことはきっと自分の頭の中の整理にもなり、何より文章力や伝える力が確実に向上します。人間何かを続ければ必ず成長します。ただし、一度やったら終わりではなく継続するようにすると良いでしょう。やるということはその瞬間ではなく日々継続と改善です。

まさに今ブログを書いていますがやってみて難しいと実感しています。 文章を書く経験値が低すぎてまともに書けません。 立派なものを出そうと高みを目指すとこのブログの文章全部消すことになりかねないので、恥ずかしいですがそのまま投稿しようと思います。

VRの没入感はすごい

「やってみて初めてわかる」ということで言えば昨年(?)VRZONEというVRが楽しめる期間限定のアミューズメント施設に行って初めて本格的なVRを体験したのですが、これがもうすごいのなんのって。

とにかく没入感がすごく、演出も含めて楽しかったです。 同時に、VRというものは映画館の4DXのような視覚以外の体感要素がプラスされることでよりいっそうその世界に入り込むことが出来るのだと思いました。

寝ているときに夢の中で落ちる体験をしたことがある人はわかると思いますが、まさにアレです。別に落ちているわけじゃないけど、夢の中の視覚と、「落ちた!」という思い込みがあるだけであれほどの恐怖体験が出来るのはすごいですよね。VRもそんな感じでリアルに楽しめます。笑

なんか話があっちこっち飛んで行きそうなのでこの辺で今日はやめます。